カルシウムサプリメントの重要性

200以上の病気の原因はカルシウム不足に関係しているといわれており、人間の体にとって重要な役割を果たしています。

カルシウムは排便時に少しずつ排斥されています。このため厚生労働省では最低700mgを1日の必要量としています。
ところが、私達が摂取しているカルシウムは1日550mg程度(2000年調査)で、全世代で不足しているのです。

私たちに不足している栄養書の中で、カルシウムは最も重要な栄養素であるといわれています。カルシウム接種の上限値は1日2300mgですが、日本人の通常の食事では過剰になることはまず考えられません。それほど不足しているのです。

ですからもっと積極的に牛乳などの乳製品を摂取する必要があるのです。これらはカルシウムの含有率が高いだけでなく吸収率も40%と高率です。海藻類他海産物も有効です。一方、食事ではどうしても必要な量のカルシウムをとりきれない場合は、サプリメント(補助食品)を利用することも一方法です。

薬局などでさまざまなカルシウムのサプリメントが市販されています。効能にそれほど差はないので、食べやすく(飲みやすく)、ものを選ぶといいでしょう。

価格は比較的安価ですので、その面からいえば、購入しやすい栄養素の一つと言えるでしょう。カルシウの主な効果・働きは、骨粗鬆症の予防、高血圧や動脈硬化の予防、イライラを解消したりすることです。

私たち日本人は、およそ60%もカルシウムが足りないと言われています。今直ちにどうだということでないにしても、私たちの殆どが数十年後に骨粗鬆症として苦しむことになるでしょう。悠々自適の老後等到底望むべくもありません。今のうちに食生活の改善に真剣に取り組む必要がありそうです。