ビタミンCの効果と働き

ビタミンCが発見される以前の大航海時代、船の上でもっとも恐れられていたのは壊血病でした。壊血病にかかると、出血しやすくなり、全身に倦怠感がおこって病気にもかかりやすくなります。
航海の途中で船員の全員が壊血病で死亡し、大海原を幽霊船となってただようことになるケースもめづらしくなかったのです。

けれども、この壊血病の原因がビタミンCの不足だと判明されると状況は改善されました。もう、壊血病は解決できない病気ではなくなったのです。

このビタミンCの効果には他にもいろいろな働きがあります。。

  • 免疫力の向上
  • 細菌やウイルスと戦い、細胞内への侵入を防ぐ
  • コラーゲンの生成と補強
  • 高血圧の改善やコレステロールの低下
  • 鉄やカルシウム、マグネシウムなどの吸収を補助

ある調査によると、致命的な心臓発作がおきるのは、血流中のビタミンCが低くなる早朝に起きやすいとされていますが、そういうのにもよいそうなんです。