ビタミンEの抗酸化作用

ビタミンEの代表的な効果・役割と言えるものに抗酸化作用があります。

人間の体を酸化させ、シミや皺の原因となるものに活性酸素がありますが、これは細胞を老化させるだけでなく、がんや動脈硬化など生活習慣病の原因にもなるものです。
ビタミンEにはこの活性酸素を抑える能力を備えており、女性にとっては、若さと美容を維持するのに力強い味方になるビタミンといえます。

その他にも、ビタミンEには次のような効果が期待できます。

  • 女性ホルモンの分泌による更年期障害の予防・改善
  • 貧血の予防
  • 悪玉コレステロールの酸化を抑制
  • 生殖機能の活性による不妊改善
  • 頭痛や肩こり、冷え性などの血行不良の緩和

体内でこのビタミンEが欠乏してしまうと、全身の老化が進んでしまいます。
肌などの見た目の老化だけでなく、血管の老化による動脈硬化、免疫低下、あるいは風邪になり易くなったり、筋力の低下や五感の異常を引き起こすこともありますので、不足しないようにすることが大切です。

このビタミンEを多く含む食品には、アーモンドやほうれん草、マーガリンや落花生があります。また、あまり身近な食品ではありませんが、アボガドやモロヘイヤにも多く含まれています。

また、サプリメントとしてビタミンEを摂取する場合、栄養機能食品としての摂取量の目安は下限量が2.4mg、上限量が150mgとなっています。
多量に摂取しても効果が促進されるわけではないですので、サプリメントに記載されている1日の目安量を守って摂取するようにしましょう。